Magazine


ひろ子という字、何度ノートに書いたっけ

さかぐち

鹿児島県出身。ラジオと映画とジャスミンに囲まれて生活中。時の流れに身をまかせ、いつの日か向田邦子になるのが夢です。


めっきり寒くなりました。
おそらく、私こそが社内でヒートテックを着始めるのが1番早い、という自負があります。

親と爆笑問題の影響で昭和歌謡が大好きなさかぐちです。 

なぜかと言われると「好きだから」としか言えないのですが、ロマンを感じる歌が多いですよね。
歌詞の言葉一つひとつに、小説を読むかのような物語性の高さを感じます。

そして、昭和歌謡の歌と同じくらい、昭和アイドルにも惹かれます。
なんてたって、キャッチコピーがたまらないですよね。

ジャンプするカモシカ
ー浅野ゆう子

(あなたの心の隣にいるソニーの)白雪姫
ー天地真理

ちょっと変な女の子
ー網浜直子

井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません 
ー井森美幸

ふんにゃり静香と、ほんわか晃子と、しっかり満喜子で、うしろ髪ひかれ隊になったとさ
ーうしろ髪ひかれ隊

民謡界の百恵ちゃん
ー金沢明子

龍介にあったらもう夏 
ー川崎龍介

太ったブタが勝つか、しなやかな狼が勝つか
ー舘ひろし

苗字がなくて名前がふたつ  
ーちあきなおみ

演歌の星を背負った宿命の少女
ー藤圭子

は・に・か・む・キ・ミ・が・好き・な・ん・だ
ー水野きみこ

食べたくなるような女の子
ー目黒ひとみ

よかった、君がいて
ー森口博子

国民のおもちゃ新発売
ー山瀬まみ

和製ジェームズ・ディーン
ー湯江健幸

荒れ果てた荒野に、太いホースで水をまく
ー吉田拓郎

45%妖精
ー若林加奈


名前や芸名と同じく、自分自身での力ではどうしようもできない、事務所から与えられたコピー。

思わず「心中お察しします、、、」と言いたくなってしまうようなものもありますが、
えらいもので、知らないアイドルも、キャッチコピーが印象的だと、ちょっぴり見てみようかなと興味が湧いてくるのが不思議です。

自分のキャッチコピーがあったなら...
なんだかこわいので、想像するのはやめておきます。





Rent / Sale

Magazine

Portfolio