Magazine


鉄染

てらもと

福岡オフィススタッフ。福岡県北九州市出身。何気ない風景の写真を撮ることが好き。いつか大型犬と暮らしたいです。


少し前に「鉄染」の体験をしてきました。
詳しく言うと「鉄の媒染液」を使った「草木染め」です。

sg210518_01.jpg

福岡県北九州市(鉄の街)で「鉄染」のワークショップがあるから参加しませんか?
と知人から誘われ参加してきました。
(コロナの関係もあり換気の良い空間で講師も含め4人と少人数で行いました)

母親が草木染めをしていることもあり、もともと染め物に興味がありましたが
小さい頃に母親を手伝いをした以来、ほぼ初めて染物の体験をする機会となりました。

草木染では、「染色液」と「媒染液」に布等を交互に浸し、
染色をしていくことで色の変化を楽しむことができます。
どんな草木を選ぶか、媒染液を選ぶかで色味が大きく変わります。
※「染色液」・・・草木の煮汁など
※「媒染液」・・・染料を繊維に定着させ色を発色させる液体。(アルミ、銅、鉄)

媒染液は、草木の綺麗な色が出るのでアルミや銅などを「媒染液」として使うことが多いようです。
「鉄」を媒染液として使うと、鉄の錆びっぽい色味や黒っぽい感じが大きく出てきます。

今回の染色液は、「ヨモギ」と「ヤシャブシ」を使用し
手ぬぐい3枚と布マスクを染色しました。

sg210518_02.jpg


sg210518_03.jpg


sg210518_04.jpg


染色液、媒染液に浸す回数や、ヨモギとヤシャブシの組み合わせで色が少しずづ変化するので
4人で5時間以上立ちっぱなしで黙々と染色に集中し、染め上がった時には充実感でいっぱいでした。

sg210518_05.jpg


sg210518_06.jpg


染色方法はYoutubeなどでも公開され、
自宅でもできるような材料となっているのでご興味ある方は挑戦ください。


てらもと





Rent / Sale

Magazine

Portfolio