Magazine


遊び心と暮らす

ザキサン

趣味は写真、散策、時折宝塚鑑賞。声が低い上、喋るペースがややのんびり。人がゆるーく脱力できるスペースをどう築いていくか、今日も絶賛思考中。


こんにちは、ザキサンです◎
セレクトオーダー式サービス「TOKYO*STANDARD」のモデルルームが新たに完成しました。

全戸カスタマイズ可能なリノベーションマンション『LANDLIFE 調布国領』において
一室の設計・インテリアスタイリングをブルースタジオで行いました。
sg 170807_02.jpg
既存躯体は壁式。構造壁は動かせないので、部屋の輪郭がはっきりした状態でした。
ですがこの部屋、片や共用中庭向きかつ、片や閑静な住宅街に面している、
両側採光の素敵ポジション!
壁を作らない、間仕切り壁は最小限とし、広々とした空間を目指しました。
さらには床材の境界が、壁に拘束されないレイヤーを重ねたようにぼかされているので
家具の配置や自分のスペースをかなり自由に決められます。

sg 170807_03.jpg

sg 170807_05.jpg

sg 170807_06.jpg

sg 170807_04.jpg
上の写真はまだ取り付け前になってしまいますが、この空間には大きなハンモックが設置されます。
手前のポールを頑張って登るか、インテリアに含まれる脚立を使うかは...お任せします。笑
ハンモックで寝そべって中庭をぼーっと眺めるのはかなり気持ちよいでしょう。
sg 170807_07.jpg
クローズドなキッチン。天井の黄色い帽子と黒のジンダイ天板のコントラストが
効いています。窓から緑が見えるのがとても癒されます。
sg 170807_09.jpg
壁塗装のデザインにも遊び心いっぱいです。
先ほどのキッチンのように天井だけ色を変えたり、奥行き感出してみたり、
もはや塗らないで躯体を見せたり、気づくか気づかないくらいの淡い色でアクセントをつけていたり。
sg 170807_10.jpg
インテリアは、名作チェアやウォーホールのようなポスターアートなど、
躯体壁はじめ空間全体を、ミュージアムに見立てたようなインテリアをセレクトしつつ、
一方で、中庭や近隣の雰囲気など、外の環境ののどかさを楽しんでもらえるような
アウトドア兼用ソファ、ラグなども選んでいます。
アウトドアのものをインテリアに使うことが後々スタンダードになっていくのではないか。。など
密かに考えていたりもします。

一言で言うのは難しいのですが、今回のモデルルームは本当自由に設計させていただいております。
自由にというよりか、遊び心満載。
将来住んでいただける方にもそんな遊び心が伝わると嬉しいです。

今週末内覧イベントがございますので、ぜひお越しください!
ご予約制ですので、これから住まいづくりを検討されている方、実際にリノベーションされた空間を体感してみたい!という方は、
こちらお申し込みフォームより見学のお申し込みをお願いいたします。
お気軽にご参加ください◎





Rent / Sale

Magazine

Portfolio