Magazine


電王戦


こんにちは。
ささもとです。

今日は趣味である将棋のことを書かせて頂きます。
先日、将棋の棋士が初めてコンピューター(AI)と公式戦で対戦する「電王戦」(5対5の団体戦)が催されました。
友人には5連敗中の私ですが、息をのんで観戦しました。


その都度、白黒どちら側にいるか明確に引かねばならない。
それを生業とするのは凄いことと思っています。
 
将棋界を背負って、自分と同じ世代の棋士がコンピュータと対戦する。ぐっと感情移入して観戦。 
設計やまちづくり、ちいきづくりでAIよりも 劣っていると判断されたら立ち直れるかわかりません。

設計や企画は、コンペなどの例外を除けば
純粋な業務としては勝敗のつく職能ではありません。
手で引いた図面、クリックを重ねCADで描いた図面。どちらがより優れているか考える必要はありません。
 
自前の経験や直感と能だけで、1秒に限りなく無限に近い計算量を誇るAI、疲れや気後れをしらないコンピュータと戦うことを求められるというのは辛いことなのだろうと思います。

sg130628_02.jpeg

以前このブログでも紹介した漫画「3月のライオン」。そのコラムでもお馴染みの先崎学棋士の電王戦第2戦の観戦記をご紹介します。
第1戦は棋士勝利で開幕し、第2戦では私と同じ歳の佐藤慎一棋士が大熱戦の末、初めてコンピュータに敗北した棋士となった一局です。その後は2敗1分けと棋士のとっては辛い流れに。
結果、今回の電王戦は棋士からみて1勝3敗1分け。
普段の棋士同士の対局以上に、人柄や執念、一手一手の一喜一憂が痛い程伝わってくることに驚きましたが、とにかく心動かされました。
 
電王戦第2戦観戦記

〈笹〉





Rent / Sale

Magazine

Portfolio