Magazine


あこがれの食べ物

イシバシ


こんにちは。イシバシです。
6月で東京を離れてしまう友人の誕生日祝いに、大好きなお肉のプレゼントをしました。


砧公園で予定していたピクニックの途中で、他にも集まる友人たちとサプライズでお祝いする事に。

新調したてのオーブンの試し焼きも兼ね、小さい頃に憧れたアニメで見たようなお肉のプレゼントをしようと決まりました。

まずは近所のお肉屋さんに。
「これを作りたいんです!」 とスケッチを見てもらい
「ちょうどいい大きさなら、豚のゲンコツ(骨)が奇麗にいくよ!」 と相談に乗って頂きました。

sg130524_02.jpeg

sg130524_03.jpeg

大きめの鍋で茹でる事1時間。
そこから骨についている肉をそぎ落とします。仕掛人の友人と2人。かなり根気と力のいる作業。
ある程度落ちた所で、お肉を巻いて行きます。


ゲンコツを茹でている間、予めお肉に下味をつけていきます。
今回は2種類のお肉を用意。
1つが 豚バラ肉の薄切り。こちらはタイムやローズマリーを使いさっぱりとした味に。
もう1つは 豚ひき肉を使いハンバーグのようにジューシーに仕上げました。

sg130524_04.jpeg

巻き上がりはこんな感じ。
お肉屋さんにアドバイス頂いた様に、お肉の脂が常温で解けないうちに手際よく巻いて行きます。

200℃の オーブンで40分ほど焼き上げて行き仕込みは終了。
包み紙に包んで完成です。

sg130524_05.jpeg

子供の頃アニメを見た頃からずっと憧れていたようで、友人も大変喜んでいました。
食べきれず皆で試食をする事に。
豪快な肉料理でありながらも、ハーブの香りが爽やかな一品でした。
これからの行楽シーズンに、屋外でのバーベキューや薫製でも次は試してみたいと思います。

sg130524_06.jpeg

【イシバシ】





Rent / Sale

Magazine

Portfolio