Service


プロジェクト背景
築地に新オフィスを

変化していく街から、新しい時代を洞察する

ブルースタジオは、住生活全般の広告制作を手がける
インサイト・ディレクション(以下、I&D)のオフィス移転計画にて、
物件探し、空間デザイン及び家具コーディネートを担当しました。

I&Dがオフィスの移転先として決めていたのは、東京都中央区「築地」。
クライアントや外部の協力会社が多く集まる銀座エリアへ
自転車で10分という距離感も魅力でしたが、
その1番のねらいは「変化していく街を感じながら働きたい」ということ。

築地は、築地市場の移転に伴い、その跡地の開発に注目が集まる街。
2020年の東京オリンピックに向けて大きく変化していく東京の街を前にして、
時代の先を読み、新しい時代をつくる広告をつくりたいと考えていました。

I&Dが抱いていた新オフィスのイメージは、
外部の人がふらっと立ち寄れるサードプレイスのあるオフィス。
ブルースタジオのオフィスを訪れた際、私たちの働くスタイルの中に
リンクするものを感じました。

ブルースタジオのオフィスは、5階建てのビルをリノベーションした事務所。
階ごとに部署が分かれていますが、キッチン・ダイニングや
会議室を兼ねたリビング、パーティができる屋上スペースなどを活用して、
内外の人たちとよくコミュニケーションをとりながら働いています。

実際に空間を体感しながらオフィス観を共有できたことが、
「ブルースタジオと一緒に新オフィスをつくろう」と考える決め手となりました。

物件探し
ロケーションが最優先

築地市場を目前に見下ろす85坪のワンフロア

ブルースタジオは、さまざまなデザインの可能性を提示しながら、
1棟ビルからワンフロアまで多様な賃貸オフィスを紹介し、
I&Dと共に内見しました。

その中の1つが、築地市場駅から徒歩3分の場所にある約85坪のワンフロアの物件。
2面の大きな開口部から、築地市場を見下ろすことができるロケーションは、
「街の変化を感じながら働きたい」と考えるI&Dにとって最大の魅力でした。
I&Dはこの場所に新オフィスを構えることを決めました。

CIの明確化
「楽しむ」社風を活かす

オフィス開設までのプロセスのデザイン

ブルースタジオのオフィスデザインは、CI(コーポレートアイデンティティ)をオフィスデザインに反映して最大化するサービス。

そこで、I&Dの経営陣と共にCIを明確にしていくことから始めました。
I&Dのミッションは、「時代の先を読み、新しい時代をつくる広告をつくる」こと。
そのため、「常に刺激を求め、まず自分たちが楽しむ」という社風がありました。
また、クライアントはもちろんのこと、カメラマンやスタイリスト、
WEB制作などの外部の協力会社やクリエイターと協力し
「皆さんと一緒につくり上げる」ということに価値を置いていました。

「常に刺激を求め、まず自分たちが楽しむ」、「皆さんと一緒につくり上げる」。
これらに価値を置くI&Dだからこそ、ブルースタジオが提案したのが、
デザインのプロセスにおけるI&Dのスタッフを巻き込んだワークショップです。
I&Dの賛同を得た上で、経営陣とコアスタッフをメンバーとした
ワークショップを数回にわたって行っていきました。

ワークショップでは、I&Dの価値をオフィスデザインに転化するため、
「クリエイティブに働く」「外部の人を招く」というキーワードに変換し、
メンバーの声を生かしながら、オフィスに必要な要素や空間イメージを
決定していきました。

デザイン
アイディアを生む仕掛

独自の社風や働き方をオフィスデザインに反映する

こうして、I&Dと共につくり上げた新オフィスが完成しました。オフィスの中心にあるのは、赤いカーペットを敷いたガラス張りの大会議室。
会議室の椅子はワークショップのメンバーがセレクトしたもので、アイディアを生む刺激にするため、あえて高さや座り心地が異なるものを選んでいます。
また、個人のデスクはあえてコンパクトにし、その分、キッチンやライブラリー、ソファ空間、卓球台などのサードプレイスを充実。
気分を切り替えながら創造性を発揮する、I&Dの働くスタイルをオフィスに反映させました。

I&D独自のもてなしの社風が生んだのは、ホテルのラウンジをイメージしたエントランス。大切な人たちを招くため、重厚感のあるソファ空間となりました。
そこからお客様専用の通路を行けば、ライブラリー&カフェスペースへ。築地の街を見下ろす明るい空間で、淹れたてのコーヒーでもてなします。
エントランスからオフィス全体にわたって続く赤のラインは、コーポレートカラーを使ったアクセント。
腰壁にしのばせた“隠れ社名”で、遊び心を大切にするI&Dらしさを表わしました。

その後
10通りの使い道

「コーヒーが美味しいI&D」という噂が浸透中

新オフィスのオープンから半年。いろいろなサードプレイスがあるI&Dでは、オフィス内の至る所でミーティングや制作が行われています。
「ミーティングの声が大きくなった」「笑い声が増えた」「余談が増えた」などスタッフの働き方にも変化があり、これまで以上に活気に満ちています。

また、外部の人をオフィスへ積極的に招くようになり、今では、広告代理店との打合せや仕事仲間との勉強会はもちろん、
特にクライアントとの定例ミーティングをI&Dで行うことが増えました。「コーヒーが美味しいI&D」という噂は、業界内で浸透中です。

関連情報



Rent / Sale

Magazine

Portfolio