Portfolio


一覧へ


ALICE

光の移ろいと時の流れ

Condominium Renovation, August 2009
Design: Takeshi Ishii, Yusuke Tanizaki, Katsunori Isoyama
Location: Minato-ku, Tokyo
Floor area: 94.22㎡
Contracter: Sigmatech
Photos: Keiji Iwata

印刷する

Concept

「ロフトのようにひとつで多様な要素をもつ空間に憧れるけれど、寝る、食べる、寛ぐなどの機能性も追求したい」。そんな施主の希望を叶えるために閃いたのは、視線の抜けるガラスで、寝室とLDKを仕切ること。

日中は、東西にのびる空間の一体感を味わいつつ、夜はカーテンをひき、寝室らしい静けさのなかで眠りにつきます。

ガラスの壁には、あえて存在感のあるドアを設置。ドアノブに手をかけ、空間を行き来することで、別の世界にワープするように、寝/食の身体のスイッチを切り替える。それが、暮らしの機能性も向上させます。

施主の「どんなふうに暮らしたいか」を突き詰めた結果、クライアンツオリジナルな住まいが完成する。『ALICE』はその好例です。

一級建築士事務所 東京都知事登録 第48462号
(社)不動産保証協会会員 (社)全日本不動産協会
東京都知事(2)第90248号

東京都中野区東中野1-55-4大島ビル第2別館
電話番号 03-5332-9920
FAX番号 03-5332-9837

Concept

「ロフトのようにひとつで多様な要素をもつ空間に憧れるけれど、寝る、食べる、寛ぐなどの機能性も追求したい」。そんな施主の希望を叶えるために閃いたのは、視線の抜けるガラスで、寝室とLDKを仕切ること。

日中は、東西にのびる空間の一体感を味わいつつ、夜はカーテンをひき、寝室らしい静けさのなかで眠りにつきます。

ガラスの壁には、あえて存在感のあるドアを設置。ドアノブに手をかけ、空間を行き来することで、別の世界にワープするように、寝/食の身体のスイッチを切り替える。それが、暮らしの機能性も向上させます。

施主の「どんなふうに暮らしたいか」を突き詰めた結果、クライアンツオリジナルな住まいが完成する。『ALICE』はその好例です。





Rent / Sale

Magazine

Portfolio