Magazine


一覧へ

INTERVIEW No.47


地域社会との接点を
デザイン

松本理寿輝 / Rizuki Matsumoto

2017年10月、代々木公園内に『まちのこども園 代々木公園』がオープンした。 事業主のナチュラルスマイルジャパン社(以下NSJ)は、「子ども主体のまちぐるみの保育」を提唱し、これまで5つの認定こども園「まちのこども園」・認可保育園「まちの保育園」を開き運営している。本プロジェクトが初めてのコラボレーションとなるが、NSJ代表の松本理寿輝さんとブルースタジオの大島は、実は10数年前から交流がある仲だという。今回は、このプロジェクトの背景や想いについて松本さんにお話を伺った。

ブルースタジオ(以下、BS) 松本理寿輝(以下、松本)

BS iw47_01.jpg 今回、ブルースタジオで「まちのこども園 代々木公園」の設計を担当させていただきました。一緒にこのプロジェクトに取り組んだ背景を聞かせてください。
松本 僕たちは「子ども主体のまちぐるみの保育」を掲げていますが、この「まちぐるみ」という言葉には2つの意味が含まれていて、1つは子どもたちの学びや育ちのために地域資源・環境を活用すること。もう1つは、ここ自体がまちづくりの拠点になるということです。 そのためにも地域の人たちから、「この地域にこの園があってよかった」と言われる園をつくりたいという想いをもっています。それにはエリアの文脈を読み解き、この土地に何が求められるのか、点や面だけでなく時間軸も含めて考えることが必要。 大島さんとは10年以上前から付き合いがありますが、建物やまち、人とのつながりのデザインにおいて、ある意味達人だと思っていて。現在のトレンドだけでなく、脈々と続く地域の歴史も含めて考え提案してくれるので、その領域でのリスペクトがありました。僕は教育領域から、大島さんは建築領域で考えていますが、こういう部分での共通点もあって、今回のプロジェクトが実現しました。
BS 建築のコンセプトはどのように作られたのでしょうか。
松本 iw47_02.jpg ここ代々木公園は、年間1000万人もの外国人が訪れる多文化なエリアでありながら、明治神宮という伝統的な趣も漂う場所。建物は直感的に、日本家屋でいきたいと思っていました。公園にもマッチしそうなイメージもあって。そんなことを思い描いていたら、大島さんから「ここは大きな農家にしましょう」という意見が(笑)「そうそう、それです!」と一瞬でコンセプトは決まりましたね。さらに日本家屋では、歴史を見ても、土間が中間領域的に使われていたコミュニティの拠点。そんなところからアイディアが広がって、地域に開かれたコミュニティスペースとして、園の入り口に土間を設けました。
BS まちとの接点である「土間」とは、どんな場所ですか?
松本 iw47_03.jpg 「移行帯」という言葉を最近使っているのですが、生態学の言葉で、海と陸の間、林と草原の間など、ふたつの環境の「間(あいだ)」を指します。そこは双方のいいとこ取りができるので、最も多様性に恵まれ、先駆種が生まれやすい場所なんです。保育園と地域の「間」であるまちとの接点は、まさに「移行帯」だと思っています。 現代は変化が激しい予測不可能な時代と言われていますが、その時代に新しいアイディアが生まれる源泉は、「間(あいだ)」にあるような気がしています。この土間は、こどもや保護者、地域の人がつながる場ですが、このような「間」こそ、新しい価値が生みだされるために大事なのではないでしょうか。
BS 完成した建物はどうでしょうか?
松本 iw47_04.jpg 想像以上ですね。訪れる皆さん、まずこの建築に驚きます。 遠くから見ると公園の自然環境と相性がいいし、中に入れば木の香りや、無垢材の床も心地いいですよね。漆喰の壁は狭い空間でも音を吸収してくれますし、湿度の調整もしてくれて、気持ち良さを感じます。健康的にもいいんでしょうね。 こども達にも「この建物どう?」と聞いたら「いいね!」と即答でした。大人だけでなく、主役であるこども達も気に入っていて、自慢の建築にしてくれているなと思います。
BS 園長先生にも、子どもたちの様子を聞きました。
園長・山岸さん こども同士の遊びがこの家屋の中で自然とつながり、コミュニケーションが生まれています。よく1歳の子が二階から下をのぞいて、年長の子たちの遊ぶ姿をじっと観察しているんです。見ているだけですが、いろんなものを感じとっているんじゃないでしょうか。吹き抜けが建物全体をつないで、お互いを意識し合える空間をつくってくれているのを感じますね。
BS 今後『まちのこども園 代々木公園』はどうなっていってほしいですか?
松本 実は僕自身、各地域のコミュニティの意志で園が育っていってほしいと思っているので、あまりビジョンを描かないようにしています。「こどもも大人も豊かであるためには、どうあるべきか?」という問いを真ん中に置くイメージですね。 昨年の秋には声をかけていただいて穏田商店街でこどもの作品の展示をしましたし、今年は土間で教育に関する実践を共有する場の開設も予定しています。地域の方との交流もこれからだんだん起こってくるので、みんなで考えながら文化を創っていく。そんな、地域をつなぐ場でありたいと考えています。

松本理寿輝

Rizuki Matsumoto

ナチュラルスマイルジャパン株式会社 代表取締役
https://machihoiku.jp/

建築概要
東京都渋谷区
『まちのこども園 代々木公園』

構造・規模:木造2階建
専有面積:871.23㎡
竣工年:2017年





Rent / Sale

Magazine

Portfolio