Magazine


一覧へ

INSIDE Vol.10


人が集まる
街とオフィス

Vol.10

東京都渋谷区『PORTO』 リノベーション オフィス
専有面積: 54.02㎡
職種: アートディレクター
趣味: ***

ふらっと立ち寄ってもらえるオフィス

JR山手線「原宿」駅から歩いて10分。千駄ヶ谷駅とのちょうど中間のあたりに建つビルが『PORTO』だ。閑静な住宅街の中にあるが、1本隣の道に出れば10代、20代の若者が行き交うにぎやかな通りが駅まで続く。

この『PORTO』301号室に事務所を構えるのは、アートディレクターの鈴木雅人さん。2009年12月17日、ファンが待ち望むなか発売された「ファイナルファンタジーXIII」。駅内の巨大な交通広告は人々の記憶にまだ新しい。このようなプロモーションに関わる広告やパッケージデザインなどのトータルデザインを手がけているのが鈴木さんだ。2007年にSony Musicから独立し、最初に借りたオフィスが『PORTO』の401号室(現在の部屋の真上)だった。

「以前の部屋は今の部屋の半分の広さなのですが、独立した時は自分が集中できる作業スペースだけあればいいと考えていたんです。でも、段々と人をおもてなしできる空間も欲しいと思うようになって今の部屋に移りました。ここには人が集まって来てくれるんですよ。元々、仕事のためだけでなく、原宿に洋服を買いに来たりお茶をしに来たり、何かのついでにふらっと立ち寄ってくれるようなオフィスにしたいと思っていました」

現在、鈴木さんが中心に手がけるのは、ゲームやアニメ、玩具や映画などのエンターテインメントコンテンツのアートディレクション。

「文字デザインとメインビジュアルを考えたり、イラストや写真をどのようにレイアウトすれば美しく見えて、人をドキドキさせられるかを考えたりするのが好きですね。僕が多く手がけているタイトルは大人がターゲットでもあるので、音楽や映画、ファッション性も意識しています。マニアックな世界にならないように、より多くの人へ分かりやすくインパクトを伝えられたらなと思っています」

若者を中心に多様な人が集まる街、原宿。その街に建つビルの1室から数々のアイディアや作品が生まれている。

『よし、仕事するぞ』というONな気持ちになります

1979年に建てられた『PORTO』は、レンガ張りの落ち着いた雰囲気の建物。一方で、内装は印象が一転。住居として使われていた2DKの部屋をリノベーションして、オフホワイトの空間に黒い柱とウォールナットの床が映えるSOHOに生まれ変わった。

「玄関のドアを開けると、近未来的な部屋が広がっている。その切替えがいいなと思いました。ここへ来ると『よし、仕事するぞ』というONな気持ちになります」

部屋の中央部にある黒く塗装したコンクリートの柱。鈴木さんは、この柱で空間を半分に仕切り、創作スペースとミーティングスペースとに機能を分けている。2つのスペースを隔てているのはドイツのUSM社の白いショーケースで、中には鈴木さんがこれまでに手がけた作品がずらりと並んでいる。

「USM社のショーケースは、自分のオフィスを持ったら絶対に置こうと決めていた家具です。40年以上の歴史があるのにデザインが新しくて、飽きがこない。この家具があるだけで、毎日事務所に行きたいと思えますよ」

街からインスピレーションを得る

独立して初めて借りるオフィスは、自分の生活の延長にあるような場所であり、起きているほとんどの時間をそこで過ごすこともある。また、クライアントや仕事仲間に対しては、自分のアイデンティティを示すものにもなり得る。鈴木さんにとっても、独立して初めて借りた『PORTO』は思い出深い場所だという。

「『PORTO』を借り始めた頃は、独立してワクワクしていたけど、不安な気持ちもあった。でも、ここは不安を吹き飛ばしてくれる気力のようなものを感じました。そう、デッキバルコニーはたくさんの人に自慢しましたよ」

オフィスから1歩外に出れば、10代、20代の若者に向けたポスターや広告などが溢れている街。それらが頻繁に入れ替わるさまや女性のファッションから、流行の移り変わりを感じることができる。鈴木さんが手がける広告やグッズのターゲットとなる人たちの存在が身近にある環境だ。鈴木さんのオフィスは、一面のバルコニーからたくさんの光が差し込む気持ちのいい空間。だが、オフィスの椅子に座ってじっと考えるのではなく、街を歩きながら仕事のアイディアを練ることも多いそうだ。その日見た映画や洋服、喫茶店で座ったイスから街で見た広告まで。街にあるさまざまな物からインスピレーションを得て、自分のフィルターを通して仕事や作品に生かしている。

「原宿を歩いていると、僕たちが昔に忘れてしまった気持ちを思い出します。今の若い人たちも、初めて原宿に遊びに来てドキドキしながら切符を買っていたりするんです。そういう姿を見ると初々しいなと思ったりもしますが、僕はゲームやアニメ、玩具の仕事がメインなこともあるので、変に大人にならなくてもいいんじゃないかとも思うんですよ」

※浴槽付きのデッキバルコニーは、鈴木さんが最初に借りた『PORTO』401号室のもの。現在のオフィスの上階にある。

2009年12月15日『PORTO』にて
撮影:岩田啓治 取材・文:和田亜弓(共にbluestudio)

今回の入居物件のご紹介

東京都渋谷区千駄ヶ谷『PORTO』
専有面積:54.02平米
竣工年:1979年
リノベーション完了:2009年6月





Rent / Sale

Magazine

Portfolio