Magazine


一覧へ

INSIDE Vol.03


自ら創り出す
住環境と趣味空間

Vol.03

東京都大田区『SO.YO.GO』 賃貸 住居 シングル
専有面積: 39.33㎡
職種: ミュージシャン
趣味: サメ愛好家

“自分相応の家に住もう”

大田区大森に建つ賃貸住宅『SO.YO.GO』。この3階の部屋に住むミュージシャンの工藤正和さんは、毎週かかさずチェックしていたTBS「王様のブランチ」のお部屋紹介のコーナーで『SO.YO.GO』を知り、番組とオンタイムでブルースタジオへ問い合わせた。

「前に住んでいた部屋には8年住みました。知人から格安で借りていたアパートということもあり、ずるずるとしていたんです。この部屋は、ガランとしたワンルームが好きだったので気に入りました」

仕事にも生活にも余裕が生まれ始めた30代。この部屋に入居したことで家賃は約4倍になったそうだが、「そろそろ、自分相応の家に住もう」と考えたという。

「家にいる時間は長いですね。職業柄、仕事での拘束時間は短いんですよ。15分で済んでしまう収録もありますから。だから、なるべく家で心地よく過ごせるように意識していますね。内見をしたときは他の部屋も空いていたんですが、2階と3階では眺めの良さが全然違いました。2階には玄関の土間に窓が付いていないので、明るさも全然違った。こんなに居心地が変わるのなら!と思って、家賃は少し上がるけど3階のこの部屋に決めましたね」

工藤さんは東京芸術大学の出身。フリーで活動するトランペットの演奏家だ。現在、ミュージカルやTV、楽器の指導など、さまざまなフィールドで活躍している。そんな工藤さんの家には多数のトランペットが。仕事で演奏するための道具だが、見入ってしまうほどにオブジェクトとしても美しい。

コレクターとしての一面

工藤さんの部屋に入り、気づかずにはいられないこと。それは、“サメの多さ”だ。
部屋にはこのとおり、サメと名の付いたものから、サメの絵の入ったものまで、あらゆるグッズがずらりと並んでいる。この日、工藤さんが着ていたTシャツもサメのグラフィック入り。特にTシャツは、相当な枚数のコレクションがあるのだとか。初めは出会ったら買うという感じだったが、段々とサメ関連の商品を求め、コレクションするようになったそう。

「7歳のときに、映画「JAWS」を見たのがきっかけでした。初めはその恐怖感に魅せられていたんです。母の実家が宮城の気仙沼なんですよ。子供の頃、そこでサメが山積みにされているのを見た記憶があります。そんな原体験が影響しているのかも・・・」

サメ学会の会員でもあるという工藤さん。今では、その生態にまで興味は膨らんでるそう。書棚には、音楽関係の書籍のほか、何十冊ものサメに関する書籍が並んでいた。

心地よい環境を保つために

『SO.YO.GO』に入居して2年8ヶ月。部屋への期待が大きい分、不満や不便さを感じることもあるという。工藤さんは、ここに暮らすなかで感じたネガティブな感情を、きちんと人に伝えてきた。共用部にゴミボックスが置かれるようになったのも、きっかけは工藤さんの声だった。

「例えば音の問題もそう。僕自身、大きな物音を立てないとか、でかい音でテレビを見ないとか、まわりの住民の迷惑にならないように気を使っています」

周囲の住民に対し、良い隣人であることを心がけ、良い隣人であることも求める。当然のことではあるが、“行動に移すこと、他人に働きかけること”は、なかなか実行できないことではないだろうか。見過ごしてしまいがち、他人にまかせてしまいがちである。

「この集合住宅は9世帯しかありませんから、入居者とはみんな顔見知りです。一緒に飲みにいくこともありますよ。知らない人間が住んでいるのは僕は気持ちわるいので、新しい人が入居したら自分から挨拶しています」

ほとんどの世帯で、住居費は毎月の出費のなかで最も大きな割合を占める。それだけのお金をかけているのだから、それ相応の環境で暮らしたいと思うのは当然のこと。共同住宅で暮らす者としてのマナーを皆が意識して、誰もが心地よく暮らせるようにしていくことは大切なことだろう。

「理想を言えば、今の部屋プラス、サメのコレクタールームを1部屋。あと、防音室も欲しいですが・・・」

いつかは工藤さんが『SO.YO.GO』を出て行くときが来るだろう。しかし、次の物件へ移り住んでも、頼もしい入居者であることに変わりはなさそう。

2009年2月17日 『SO.YO.GO』にて
撮影:岩田啓治 取材・文:和田亜弓 (共にblue studio)

今回の入居物件のご紹介

東京都大田区『SO.YO.GO』
専有面積:39.33平米
竣工年:1982年
リノベーション完了:2006年4月





Rent / Sale

Magazine

Portfolio