Magazine


春らんまん

ハルカ

藤沢出身の3年目スタッフ。音楽とSFとコーラが好きです。「温良恭倹譲」なる人を目指して日々奮闘中。


こんにちは、ハルカです。

先日、3月に完成した座間駅前広場で花壇をデザインいただいた
ガーデナー平工詠子さんによるナチュラリスティックガーデン講座を開催しました。
(感染症対策を講じた上での開催になります。)

3月に完成した座間駅前広場になりますが、暖かい季節を迎え、
植物たちが姿をあらわしてきています。

sg210427_02.jpg

▼3月当時の植えた様子は過去のブログで拝見できます。
http://www.bluestudio.jp/magazine/blog/011700.html

まさしく『春らんまん』の言葉が相応しい風景が向かい入れてくれます。

今回の平工さんの講座では「ナチュラリスティックガーデン」についての
座学による講座と座間駅前広場でのお手入れの実践という形で講座を行いました。

「ナチュラリスティックガーデン」とは、大まかに捉えると
植物本来の自然的な植生からデザインする考え方です。
華やかに見せる装飾植栽の考え方とは異なり、
季節により変化する植栽の移り変わり(芽吹き〜開花〜枯れた姿)を
体感できるような考え方になります。
(明確な定義は各々のデザイナーで違うそうです。)

sg210427_07.jpg
↑海外の事例 Queen Elizabeth II Olympic Park / London
画像引用:https://thegardenvisitor.co.uk/queen-elizabeth-olympic-park-havent-got-vision-quickly-degrade-landscape/

平工さんはイギリスやオランダでの経験をもとに、
日本でナチュラリスティックな植栽のデザインを実践しています。
座学の講座では、平工さんのオランダでの国際園芸博覧会での経験や
日本各地での実践も含めて、お話していただきました。

sg210427_03.jpg

実践講座では駅前広場を周回しながら、
今回の植栽のデザインや実際のお手入れ方法などを説明していただきました。
最後に平工さんから好きなお花を見つけて撮影して
変化を楽しむ場所をつくるという課題がありましたので、
僕もひとつお花を選んでこれから観察していこうと思います。

sg210427_04.jpg

sg210427_05.jpg

この駅前広場と一緒に今後、植栽たちがどういった成長をしてくれるのか楽しみです。

sg210427_06.jpg





Rent / Sale

Magazine

Portfolio