Magazine


湯けむりワーケーション

たまて

福岡オフィススタッフ、一児の母。仕事と育児に日々奔走中。心地よい音楽とお酒をお供に料理をするのが至福の時間。


こんにちは、福岡オフィスのたまてです。

少し前のことになりますが、大分県別府市に行ってきました。
別府は言わずと知れた温泉の街ですが、足を運ぶのは10年ぶりくらい。

ブルースタジオの元スタッフが、
温泉街のコワーキングスペースで看板娘をしていると聞いていたので、顔を出すことに。

別府駅からバスにゆられて、鉄輪温泉を目指します。


バスをおりると、記憶通りの湯けむりのまち。
まだ寒い時期でしたので、
排水溝から湧き上がる湯けむりで暖をとりながら歩きます。


見えてきたのは、
元湯治宿をリノベーションしたコワーキングスペース。

sg210204_04.jpg

sg210204_02.jpg

sg210204_03.jpg

看板娘にも会えました。
東京で一緒に働いていた仲間に、こうして九州で会えるのはとてもうれしいです。

鉄輪温泉は別府の中でも有名な旅館街ですが、元々は静かな湯治のまち。
昔ながらの湯治宿も多く残っています。

ただ時代の流れとともに「湯治文化」自体が衰退しつつあり、
鉄輪の文化である「湯治」のアップデート、をコンセプトに計画されたのが
このコワーキングスペースだそう。

温泉に入り、仕事をして、湯治宿に長期滞在をする。
いわゆるワーケーションのスタイルです。

コワーキングスペースの真向かいには、共同浴場。
徒歩1秒で温泉に入れます。贅沢。

sg210204_05.jpg

コロナ禍でテレワークが主流になった今、
こんなスペースがあれば利用したい人も多そう。
頃合いを見て、わたしも実行してみたいな、と思いました。

sg210204_07.jpg

▶︎別府 鉄輪温泉 コワーキングスペース 「a side 満寿屋」





Rent / Sale

Magazine

Portfolio