Magazine


ぱちぱち

さかぐち

ぶどうとブドウ糖(ラムネ)、ぶどうで出来たもの(ワイン)が好物です。寝転がっていることが多いですがやるときはやります。


ナンプラーを買ってしまいました。しかも2本。
使い道が分からず、とりあえず醤油の代わりとして控えめに使い始めました。

普段からあまり外出することをしないので、
昨年と比べて、今が著しく変化したことはさほどないのですが、

やはり今まで普通にできていたことがお預けになると、
これほどまでに人間は不自由さを感じるものなんだなぁ、
と実感している今日この頃です。

「失うときはじめて まぶしかった時を知るの」とは、松本隆先生もよく言ったもので。

失ってはいませんが、
不意に「STAY!!」と言われると、
なんだか、待っているこちらも変にヨダレが溢れてしまいます。

そんな自粛期間中に迎える母の日でも、母の日は母の日。
離れて住む母親に向けて何を送ろうか、と1週間悩んだ結果、
「えい、自分の欲しいものを送るのが1番だ!」とやけになり、こちらを送りました。

sg200519_02.jpg

もともと火を見るのが好きで、キャンドルやろうそくが家に割とあるのですが、
今回は少しばかりいつもとは違う点が。

ヒントは「ぱちぱち」

そうです、実はこのキャンドル、通常の芯が糸ではなく、中央に植えられておりますのはご覧ください、天然の木。

そのため、キャンドルに火を灯すと、焚き火をしているような「ぱちぱち」という音が楽しめるという仕掛けになっています。

ヒーリング効果を持つキャンドルに、焚き火というアウトドア要素をプラスすることで、
自粛モードでウズウズした体にも、
つかの間の「外」を錯覚させてあげられるかもしれませんね。

stayhome中の小さな抵抗。

家にいても色々出来るんだ!

母親への感謝の気持ちと共に、在宅への可能性を多分に感じた、2020年 母の日でした。

※トップ写真、2枚目写真
akarirousoku 公式HP(https://akarirousoku.thebase.in)より引用





Rent / Sale

Magazine

Portfolio