Magazine


ドイツの農村へ

タカギ

ブルースタジオで設計をする傍ら「東中野ログ」を不定期にスタッフブログ内で更新中。東中野でランチに困った時にお役に立てれば・・。


こんにちは。
タカギです。

先日、ドイツへ行ってきました。
ドイツ南部にある、ハスラッハ・イム キンツィクタールという田舎町へ。

sg181211_01.jpg

ドイツ滞在中は、雨が降ることなく、気持ちの良い旅となりました。

sg181211_02.jpg

道路脇の住宅と、奥の丘に放牧している牛。なんとものんびりとした雰囲気。
学生時代の授業で、ドイツの農村計画がとても面白くて、実際に見に行きました。

sg181211_03.jpg

車道と歩道の境は、樹木で区切られ、道路脇の川は、コンクリートで固められることなく、植物で護岸されています。
その景色が美しいこと・・・。書籍や画像でしか見たことがなかったので、どこまでも続く、この景色が素晴らしかったです。

sg181211_04.jpg

道路の側溝は、ピンコロ石でできており、水が地下に浸水できる様になっています。
普段の生活道路も美しい・・・。

sg181211_05.jpg

旧市街に入ると、石畳。
石と石と間にある目地がない箇所もあり、かなりガタガタしていますが、このあたりも日本と異なる点。
歴史ある街だからこそ、それを人々が受け入れて生活に溶け込んでいるのが印象的でした。

sg181211_06.jpg

スカイラインは統一されつつ、多彩な外壁を持つ街並み。

sg181211_07.jpg

旧市街地の中心地には、1700年代からある教会の「Stadtkirche St. Arbogast」

sg181211_08.jpg

教会内部は、空気が変わります。。。美しい・・・。

sg181211_09.jpg

ドイツといえば、ビール!
ただ、この街にはソーセージはありませんでした。。食べたかった!!笑

sg181211_10.jpg

こちらが泊まったホテル。

sg181211_11.jpg

プールやサウナもあり、客室のシャワールームも快適で、とても良いホテルでした。
(ただし、ここのホテルのレストランのディナー以外・・笑)

sg181211_12.jpg

街の中心地に、この様な広場があるのも、特徴の一つ。
夜の教会と広場を眺めながら、外でディナーを楽しみました。
これが日常であるこの街が羨ましく思いつつ、その日常を楽しみました!

<タカギ>





Rent / Sale

Magazine

Portfolio