Magazine


お施主さんからのおもてなし

フジキ

日本酒とコンゴを愛する設計スタッフ。青系の服を着がち。将来は海と山があるところに住みたいです。


この春竣工したN邸へ遊びに行ってきました。


とても気さくでおもてなしが大好きな夫婦。
「家で食事会をしましょう!」と竣工した時から話しており、
半年越しにやっと実現しました。

sg181121_02.jpg


ダイニングには奥様の手料理がずらり。
お手紙まで添えてあり、お二人らしい心遣いに感動しました。


sg181121_03.jpg

家づくりの時から「海外のカフェのような空間で暮らしたい」というご要望があったのですが、
本当に居心地の良いカフェで寛いでいるような気分です。

美味しいお料理とお酒とともに、話も盛り上がります。

「クラノオト」という桃のお酒が美味しかったです。
本当に桃を食べているかのようなみずみずしさで、オススメですが
なかなか手に入らないそうです。


sg181121_04.jpg

お腹も満たされた頃、リビングに移動してゲーム大会が始まりました。

このリビングにはテレビがありません。階段にプロジェクターを置いて、

sg181121_05.jpg


向かいの吹き抜けの壁に映像を投影します。

sg181121_06.jpg

プロジェクターの大画面で映画を見たり、ゲームをしたりするのがお二人の日課なのだそう。
この日は大画面でみんなでニンテンドースイッチを楽しみました。


現場で伺っていた時は日中ばかりだったので、
夜の光で見る家はまた全然違う表情で新鮮でした。


sg181121_07.jpg


sg181121_08.jpg


この家の好きなところやこだわりを永遠に話し続けるお二人にほっこりしつつ、
素敵な暮らしぶりを実感できて、最高に嬉しい気持ちになりました。

自分たちが設計した箱にちゃんと魂が宿っているなと感じました。


そして仲良し夫婦を見て、戸建のマイホームを建てる夢が膨らみました・・・


気づいたら終電近くまでのんびりしてしまいました。

次回は春に開催しよう!と言ってくださっているので
その時までに最下位を脱するべく、マリオカートの腕を上げておこうと思います。






Rent / Sale

Magazine

Portfolio