Magazine


自宅、街の再点検

きょう子

特別な日もいいけれど、日常を贅沢に過ごす事が好き。笑う門には福来る。いつも笑顔を心がけています。


大阪北部を震源とした大きな地震が発生しましたね。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されたすべての方々にお見舞いを申し上げます。
今回の地震でも明らかになったコンクリートブロック塀の地震時の危険性。
地震時の緊急時持ち出し荷物などは多くの方が準備されていると思いますが、
これを機に、ご自宅や職場周りにどのようなコンクリートブロック塀がどこにあるか見てみませんか?

決してコンクリートブロック塀が全て危険だという訳ではありません。
きちんと鉄筋が縦横に配置され、基準に則って作られれば、ちょっとやそっとでは壊れません。
ただ、昔に建てられたブロック塀には、鉄筋が入っていない物もあります。
古いコンクリート塀は地震時に倒壊する可能性が高く危険ですし、
古くなく、基準に則って作られているブロック塀でも、高さのある物は
想定外の強さの地震が起こり倒壊した際に、危険度が高いものとなります。
街を歩き、危険な場所を認識しておくのは、危険を回避する事につながります。
↓あぶないブロック塀とは
http://www.jcba-jp.com/daijiten/c03/index.html
↓あんしんなブロック塀をつくるためのガイドブック(社)全国建築コンクリートブロック工業会
http://www.jcba-jp.com/guide/sekkei/gb_02_.pdf


仕事柄、意匠上、セキュリティ上、様々な事情でコンクリートブロック塀が採用される事は十分に分かっていますが、
個人的に塀はコンクリートブロック塀以外で作って貰えると良いなと思っています。
そしてここで1つご提案。コンクリートブロック塀を壊し、クレマチスの這うフェンスに変えてみませんか?
SG180619_03.png
手前味噌ですが、うちの実家です。
私の実家もコンクリートブロック塀で囲われていたんですが、
30年ほど前のある日、
「私がせっかく手をかけて作っている庭。是非とも道ゆく方々にも見ていただきたい。
よって、コンクリート塀を一部壊します。そしてクレマチスが這える様にメッシュフェンスを立てます!」
と母が言い出し、結果、現状はこの様な状態になりました。(家の写真がなかったのでgooglemapから拾いました。)

自分が被害に遭うのは勿論嫌ですが、
自分が所有する物が人に危害を与えてしまうのも避けたいですよね。
大きな地震はいつくるか分かりません。
今一度、ご自宅やまちに目を向けてみて頂ければと思います。





Rent / Sale

Magazine

Portfolio