Magazine


空気の刷新

ザキサン

趣味は写真、散策、時折宝塚鑑賞。声が低い上、喋るペースがややのんびり。人がゆるーく脱力できるスペースをどう築いていくか、今日も絶賛思考中。


こんにちは、ザキサンです◎
白い地+淡い色の図が日の丸弁当のようにぽてっと落ち着いている構図が大好きです
身の回りもそんな好きなものたちで囲われています。

sg180309_02.jpg
デスク上、目のやり場に和菓子とらやさんのカレンダー
白い地に幾何学や自然の形を模した和菓子の絵が
サンプルやカタログで溢れかえった仕事場の中、目のやり場となり癒されます。

sg180309_03.jpg

sg180309_04.jpg
最近,マイブームな鉱物画
白い地をベースに、形だけではなく石の色や光の反射色がかなり忠実に描かれているのに、
石の硬い感じよりもむしろ柔和な雰囲気が前面に出ているのが不思議です。
中には石の影が描かれていて、石から色の滲んだ感じが美しいです。

もはや白もカラフルも含め色と構図が好きなのは明白ですね。
そんな折、担当していた物件のお客様も白や淡い色のお好きな方でした。

sg180309_05.jpg

sg180309_06.jpg

最近引渡したお住まい
三角の変形プランを住みやすくするため壁の位置を調整。
大きすぎるキッチンや洗面をちょうど良いサイズに。
好きな絵や飾りを主としつつも寒い印象になりすぎない程度に白を基調とし、
奥まった部屋にもスリットやハイサイドで柔らかく光を入れる。
というシンプルなご要望に、一つ一つきちんと整えたお住まいになりました。
sg180309_07.jpg
既存状態を知っている側からすると、ほとんど間取りは変わっていない部分改修でしたが、
仕上げや壁の角度を少し変えること、光を入れることで
色彩や陰影の楽しみ方が刷新されたのではないかと思います。

お客様のお持ちの淡い色の絵画が壁に飾られるのがとてもたのしみです。

おしまい





Rent / Sale

Magazine

Portfolio