Magazine


シェアハウスの未来

せき

福岡県出身、平成生まれ。下北沢と西荻窪を中心に出没。趣味はギターを弾くこと、大森靖子が好きです。


こんにちは、せきです。
みなさん、シェアハウス、と聞くと
どんなイメージをお持ちでしょうか。

遊びに行ったことがあるよ、とか
わたし住んでました、とか
随分と身近になったシェアハウス。
ドラマのテラスハウスのイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。


ブルースタジオで設計を担当したシェアハウスは複数件ありますが、
その中の第一号物件は、木造2階建て、9人暮らしの小さなシェアハウス。
下北沢にある、pinos(ピノ)という建物です。

sg171113_09.jpg

水まわり共用の下宿アパートから、シェアハウスに生まれ変わったのが2009年。
当時としては、まだまだシェアハウスが目新しかったこともあり、
ブルースタジオスタッフも、入居者の方々も手探りだったそう。


そんな下北沢pinosですが、シェアハウスとして運営されはじめてから早8年。
先日、2回目のリノベーションをむかえました。


きっかけはオーナーチェンジ。
新しいオーナーさんの、
「元々のpinosの世界観を守りながら、入居者さんがより良く暮らせるようにしたい!」
との想いを受けて、
共用部をより広く、使いやすく、と計画をしていきました。


sg171113_01.jpg
sg171113_02.jpg
sg171113_04.jpg


完成パーティには入居者の方、オーナーさんをはじめ、
元入居者のOBの方々も参加して、賑やかな会になりました。
...と書いている私も、実はこのpinosのOBのひとり。
設計担当させて頂き、背筋の伸びる想いです。


sg171113_08.jpg


前はこうだったね、とか
今はこんな感じだよ、とか
新旧入居者の会話に耳を傾けながら、
新しい歴史が建物に刻まれていることを感じ、
こんなに沢山の人たちに愛される建物は幸せだなあ、としみじみ思いました。


まだまだこれからも、
永く愛される建物であってほしいな、
そしてこの場所に少しでもながく建っていてほしいな、と
願っています。


せき

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

新しく生まれ変わった「下北沢pinos」では、現在入居者募集中です。
詳細は下記のリンクをご覧ください。

【下北沢pinos | Rent】





Rent / Sale

Magazine

Portfolio