Magazine


完成!むらのような賃貸住宅『鵠ノ杜舎(くげのもりしゃ)』

てら

ぐんまけん出身。かたちフェチでへんなものを集める収集癖がある。最近海外旅行に行きたくてしかたがない新参者です。


完成!むらのような賃貸住宅『鵠ノ杜舎(くげのもりしゃ)』

とうとう初・担当物件が藤沢にて完成しました。
今までのブログでもほとんどは鵠ノ杜舎のことばかり。
長かったようであっという間でした。
そんなところで、鵠ノ杜舎での出来事をざっと振り返ってみました。
毎週現場に行くのが楽しみで、現場で大工さんと話したり、どんどんできていく建物の様子に驚かされてばかり。
勝手に畑を作って育てたり、芋掘りを現場の大工さんに教えてもらって収穫した後は、会社のみんなでとろろ蕎麦を作って食べたり。
随分自由にやらせて頂いていたなぁ、と。

sg171005_02.jpg

sg171005_03.jpg

お祭りにも沢山行きました。
「上棟まつり」や「とれたて市」を開催したり、近くの皇大神宮の人形山車のお祭りにも参加したり。祭りざんまいですね。
ちなみに11/25(土)にも第二回とれたて市を開催予定。
詳細は決まり次第公開していきますが、今回は「大人向け本格DIYワークショップ」を予定しているので、お楽しみに。

sg171005_04.jpg

sg171005_05.jpg

なんてつらつらと振り返ってみましたが。

本当にいいところなんですよ、鵠ノ杜舎。
ポーチに座ってぼーっとしていると、いい風が吹いてきて時間を忘れてしまいます。(仕事中にぼーっとするな、というのはさておいて。)
遠くから聞こえてくる湘南高校からは学生のざわめきがかすかに聞こえてきて、たまに吹奏楽部の音色が聞こえてくる。
なんだかノスタルジックな気分になります。
あと東京と比べるとやっぱり空が広いのが、いいですよね。
実際に来て頂ければ、共感頂けるはず。
入居予定の方の中には、ここでカフェをやろうとしている方もいらっしゃったりします。
そこでゆっくりとお茶するのが今からの楽しみのひとつです。

sg171005_06.jpg

sg171005_07.jpg

sg171005_08.jpg

sg171005_01.jpg


ちょっと足を伸ばせば、海にも山にも行けます。
先日はぐるっと周辺を車で一周してきましたが、山に囲まれた環境で育った私にとって、ちょっと出れば海という環境は未知です。
海辺ではサーフィンをする人や、ジョキングをする人。
ただぼーっと海を眺める人たちを横目に、太陽が沈んでいくのを一緒になって眺めていると不思議な連帯感が生まれ、なんだか海好きの人たちの気持ちが分かってきます。
また鵠ノ杜舎から歩いて15分の伊勢山公園では、見晴台があります。
桜の時期にはここで花見をする人も多く、近所の人も犬の散歩コースにしているそう。
運動不足のせいかひーひー言いながら階段を登った先には小さな公園がありました。
「以外と小さい・・。」と思いつつ、展望台に行くと・・・
江ノ島がくっきりと見えるんです。
それだけでテンションが上がり、疲れも1/3くらいは吹っ飛びます。
そういえば、鵠ノ杜舎の南側住戸からは富士山が見えるんですよ。
これも初めて見たときは富士山というだけでテンションが上がっていました。
日本人のさがでしょうか。

sg171005_09.jpg

sg171005_10.jpg

sg171005_12.jpg

他にも振り返るとまだまだ色々なことがありますが、これからも2期と3期と続いていく「鵠ノ杜舎」をどうぞ宜しくお願い致します。
ちなみに空室は残りあと7部屋。都会の喧騒から離れてゆったりとした暮らしをしてみたい、という方におすすめです。
お気軽にお問い合わせ下さいね。

内覧希望のお問い合わせはこちらから


〈前回までのお話〉
▶第1回目 餅つき大会やります
▶第2回目 ゆっくりと日常を耕す舎(むら)
▶第3回目 鵠ノ杜舎 の "棟上げまつり"開催します

▶第4回目 人生初餅まき
▶第5回目 面とむかって
▶第6回目 鵠ノ杜舎 湘南野菜のとれたて市
▶第7回目 夏の風物詩
▶第8回目 藤沢の食い道楽生活





Rent / Sale

Magazine

Portfolio