Magazine


冷やし中華

カナザキ

不動産事業部 売買担当カナザキです。夜行性のキツネ顔、アウトドアに憧れるインドア派です。


中華料理が大好きで、外出先でお昼を食べるときは高確率で町の中華屋さんに入ります。
この時期になると、そういったお店は一斉に冷やし中華を始めますよね。
夏の風物詩、夏の代名詞的な料理です。

そこまで好きなわけではないですが、あののぼりを見てしまうとついつい頼んでしまいます。

今回も例に漏れず
sg170627_02.jpg

頼みました。よし。

でも、冷やし中華ってどこで食べても基本的にはあの味ですよね。
よほど本格的にこだわって作らない限り、だいたい酸味のきいたスープなのかタレなのか、あの味付けに
いつもの具材と麺をからしと絡めていただくのですが、、今回も想像通りの味でした。やはり、美味しいです。

今回はチャーシュー入りにしたので、ボリューム満点!
sg170627_04.jpg

ごちそうさまでした。


欲が出て、もっと美味しい冷やし中華が食べたいなと思い、調べてたら発見しました。

銀座 萬福さん
東京都中央区銀座2-13-13
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002324/

大正時代から続いているそうで、どうやらこちらも基本的に街の中華料理やさんのスタンスみたいです。
中華そば発祥のお店だそうで、創業当時の味を守り続けているそう。店構えもかっこいい。
料理はどれもこれも美味しそうなものばかりで、目移りしそうですね。


しかし、こういう変わらないものを突き詰めて極めていくことって素晴らしいですよね。
冷やし中華1つとっても抜かりなくきっちり作っているのでしょう。
こういうものには惹かれてしまいますね。
絶対今年食べようと心に誓いました。

日々の変化、進化していくことは大事です、変わらずに続けていくことで生まれる感動もあります。
どちらも上手く自分の中に吸収していきたいですね。





Rent / Sale

Magazine

Portfolio