Magazine


古い建物のない街は、思い出のない人と同じ

きょーへい


こんにちは
きょーへいです。

「古い建物のない街は、思い出のない人と同じ。」
日本画の東山魁夷の言葉が好きです。

今回は古い建物を移築し密集させた博物館明治村をご紹介します。
博物館明治村には、明治期に建てられた著名な建築を移築し
展示・保存している場所です。

代表のものでいえば、フランク・ロイド・ライトの
「帝国ホテル」が上げられます。

sg141117_02.jpeg

写真は帝国ホテルの内部の様子。
天井高が住宅と同じスケールでかつ手摺壁が低いため
かなり水平ラインを意識します。
またテラコッタタイルや大谷石の彫刻によって
空間が構成されており、重厚な雰囲気が漂います。


明治村を歩いているとタイムスリップした感覚を味わいます。


本ブログでも色んな建築をご紹介したいのですが、
今回は特に気に入った木造シリーズをご紹介します。

sg141117_03.jpeg

「大明寺聖パウロ教会堂」

外観が控えめな印象なのですが、中に入ると教会にしては低めの天井高に
対してアーチを柱を飛ばして建てているため、独特の雰囲気があります。
教会では、超越的で神々しい印象をつくることが多い中、
ヒューマンスケールと少ない装飾で彩られたパウロ教会堂は、
当時の時代背景を感じさせます。

sg141117_04.jpeg

「東松家住宅」

もともと油屋さんだった家主が銀行業など、
時代の変化とともに商業の変遷を支えた木造3階建ての住宅。
吹き抜け空間を川と見立て、外に面さずに吹き抜けに面する茶室を
つくるなど空間の構成に遊び心を感じます。
隠しタンスや隠居部屋などたくさんの凝った仕掛けもあり、見どころ満載です。

sg141117_05.jpeg

こういった古い建物を目にした時に感じるのは
この建物が移築されず、その場所にあり続け、
今なお使われると、どれだけの人にとっての
思い出のバトンを担うだろうかと思うことがあります。

展示・保存という選択肢以外にも考えることが出来る
世の中の変化にワクワクしている自分がいます。

きょーへい





Rent / Sale

Magazine

Portfolio