Magazine


再び、那須へ

タニザキ


こんにちは。
blue studioのタニザキです。

先日、ブルースタジオのメンバーで那須の「藤城清治美術館」へ行ってきたのですが、あいにく私は参加できなかったため、休日を利用して行ってきました。


sg130723_02.jpeg

sg130723_03.jpeg

美術館の入口では、かわいらしい小人や猫のプレートがお出迎え。実は、この小人たちとは簡単には出会えませんでした。理由は、6月からグランドオープンを迎え、それに加え7月の那須は避暑地として大人気!想像以上の盛況ぶりでした。

sg130723_04.jpeg

この渋滞!全て藤城清治美術館に行きたい人たち。設計をお手伝いさせて頂いたブルースタジオのスタッフとしては嬉しい限りです。

sg130723_05.jpeg

sg130723_06.jpeg

美術館へ向かう途中には、藤城先生が生涯をかけてやり遂げたかったという念願のチャペルがあります。チャペル内に設置されている12枚のステンドグラスは、自然光に映され、光の反射やシルエットが美しく浮かび上がっていました。

sg130723_07.jpeg
「魔法の森に燃える再生の炎」 Copyright Shimotsuke Shimbun.

美術館の展示作品は、モノクロ作品から少年少女のメルヘンの世界、初公開作品まで約150点。藤城先生が「ここは絵が呼吸しているような、生きている美術館。もっと楽しく、美しく、ワクワクする美術館にしたい」との思いをそのまま体現しているようでした。


また今度、紅葉の綺麗な季節にもう一度訪れてみたいと思う、ステキな美術館です。是非、皆さんにもオススメしたいです。


<タニザキ>





Rent / Sale

Magazine

Portfolio