Magazine


色の迷宮


こんにちは 菊です

先日、三鷹のある集合住宅を見学してきました。
この写真だけでお気づきの方も多いかもしれませんが...


sg130716_02.png

そうです。
荒川修作+マドリン・ギンズ設計の
「三鷹天明反転住宅」です。

「人間の体・身体性」に焦点をあてられた住宅です。

これでもかというくらいカラフル、
部屋の中にも水平なところなんてありません。

sg130716_03.png

部屋のどこに居てもかならず「5色以上」の色彩が目に入るように
色彩計画がなされています。
人は、5色以上の色彩を一度に目にすると
「色」として認識するのではなく「環境」としてとらえるとか。

sg130716_04.png

配管も徹底的に塗装されてます。
塗装屋さん大変だったろうな...


住宅内にいわゆる「収納」というものはほぼ皆無。
どうするのかというと、天井にアイボルトフックがたくさん付いていて、
長いSカンでとにかくぶら下げる、ぶら下げる。

参加者20人のリュックやら手さげが天井からぶらぶらしている様子、
意外と可愛かったです。

sg130716_05.png

梅雨が明けて初めての週末。
入道雲と真っ青な空が暴力的とすら言える中、
屋上にものぼらせてもらいました。
三鷹の風景が一望できます。

sg130716_06.png

建築を見て触れて、
五感が研ぎ澄まされ、自分の体と向き合う体験。
暑さで鈍った感覚に喝を入れてくれます。

みなさまもぜひ、足を運んでみてください。
(お子様連れでも、とっても楽しいはず!夏休みにどうぞ!)





Rent / Sale

Magazine

Portfolio