Magazine


バイバイ、ブラックバード

りえ


ここ最近の一番面白かった小説です。

伊坂幸太郎著『バイバイ、ブラックバード』

この『バイバイ、ブラックバード』は、

「ゆうびん小説」という方法で発表された作品です。

「ゆうびん小説」とは、双葉社の企画で短編が一つ出来上がるたびに

50名の読者にゆうびんで送るというもの。


なので短編5つ、書き下ろし1つで、6章にわたる長編小説なのですが、

1章ごとが読み切りになっています。


毎回小説が届く50名の方は抽選だったようで、

ある朝起きて、郵便受けに小説が届いていたら

それはもう特別な日になるだろうなーと、考えただけでわくわくします。


内容は、星野一彦なる主人公がお付き合いをしていた女性5人に

別れを告げに行くというもの。


そうなんです!

5股なんです!


ただこの星野さん、不思議な魅力があるんですよね。。

私の頭なかではSAKE ROCKの星野源くんで終始再生されました。

同じく読んだ友達も同意見でした。


また、そのほかキャラクターがいいんです。

強烈なモンスター的女性が出てきます。


物語に入り込めて、すぐ読めちゃいます。

ぜひGWにでもいかがでしょう。


おすすめです。


( りえ )





Rent / Sale

Magazine

Portfolio