Magazine


すみだ水族館

マホ


こんにちは、マホです。
東京は今年、新しい観光スポットのオープンラッシュですね。
なかでも一番注目を集めたあの建物へ、足を踏み入れてまいりました。


オープンして3カ月以上経つので、そろそろ空いてるかなぁ~なんて思ってましたが、
とんでもない!
展望台に登るのには整理券が必要とのこと。
並ぶのがあまり好きでないので、あっさり断念して、プラン変更!
「ソラマチ」の中にある、「すみだ水族館」へ行ってみました。

sg120926_02.jpg
photo by sumida aquarium


入ってすぐに見えてくるのは、大きな水槽。
なんの変哲もない水槽にみえますが、よく見ると水草から小さな泡が。
なんと、葉っぱが光合成している様子が見える水槽なんです。
学校で習ってはいましたが、光合成されているのを目で見られるなんて、感動!
この水族館全体が、ライフサイクルを目で見て実感できる、おもしろい造りになっています。

sg120926_03.jpg
photo by sumida aquarium


今度は、クラゲのゾーン。
無数のクラゲが画面いっぱいにスイスイ泳ぐさまはとても幻想的です。
こちらのゾーンも「へぇ~」と思える要素満載!
くらげが生まれてから1日目、2日目、3日目・・・・と、それぞれの日数ごとに
水槽が分かれていて、クラゲが徐々に育っていく様を観察できます。

sg120926_04.jpg
photo by sumida aquarium


そして、待ってました!大きな水槽の登場です。
「東京諸島」の海をテーマにしているそうなんですが、見たことのない魚がたくさんいて
いつまで見ていても飽きません。
エイやサメなど、お馴染の面々が悠々と泳ぐさまも楽しいですが、
サンゴに隠れて寝ている魚を見つけるのも楽しかったり。

sg120926_05.jpg
photo by sumida aquarium


そして最後に、現れるのが大きなペンギンの水槽。
目線の高さまである水槽なので、ペンギンがスイスイ泳ぐ様を目の前で見られます。

ペンギンを良く見ると、翼部分に印が付いていて、その印の組み合わせや顔の特徴を見分けて、気に入ったペンギンの名前を教えてくれるそうです。

そのほかにも、私が行ったときは、ちょうどオットセイの親子が戯れているのを
間近でみることができました。

sg120926_06.jpg
photo by asahi shinbun


水族館、久しぶりに行ったのですが、この水族館はおもしろい!
隅から隅までじっくり見学してしましました。
ここでご紹介したのは一部ですが、「生物の循環」を目で見て学べる
大人も発見が多い水族館です。

そろそろ外出するのも気持ちいい季節。
スカイツリーの袂まで、ぜひ足を運んでみてください!

*マホ*





Rent / Sale

Magazine

Portfolio