Magazine


京都-夏の夜の過ごし方-

ayako


皆様こんにちは!
不動産仲介のayakoです。

今年の夏も京都へ行ってきました。

年に2度は京都を訪れるのですが、それは祖父母に会いに行くため。
京都の夏は体に応えるので必ず家まで会いに行くようにしています。
この日もわたしの大好きな鯖寿司をおなか一杯ご馳走になり
市内のホテルへ到着した頃には辺りは夕暮れ。
散策の始まりです。

sg120827_02.jpg

相変わらず渋い喫茶店好きのわたくし、今回は「六曜社」へ。
味のあるタイルと照明。ソファは張り替えたあとのようで新しさが少し残念でしたが
地元民に愛されている喫茶店は涼みに来た方々で賑わっていました。

まだおなかが一杯だったので、鴨川沿いを散策。
丁度「京の七夕」というお祭りが開催されていて、イルミネーションでライトアップされていました。
夏の定番納涼床も満員御礼!
ゆっくりお散歩しているだけでも夏の京都をうんと満喫できました。

sg120827_03.jpg

sg120827_04.jpg

三条の方までぐるっとお散歩し、ようやくおなかに「空き」ができました。
折角の夜だから美味しいもの食べたい、ということで
先斗町でずっと気になっていたお店へついに潜入です。
お店入口横にいる、このミニチュアの昆虫たちが目印。

sg120827_05.jpg

お店に入ると甘味を味わうお客様方...
間違えたのか、と思っていると「料理も出すよ」とご主人。
お刺身の盛り合わせをお願いすると、嬉しいことにハモを乗せてくれました。
梅肉をつけて、お口の中まで爽やかな夏模様です。
sg120827_06.jpg
〆はシンプルな宇治抹茶のカキ氷。これがまた絶品。
何でもご主人はお茶の道を歩んでウン十年以上。
小さな器に冷茶を淹れてくれ、その道を極めた経緯を語って下さいました。
「京都の夏は冷茶が一番。これ飲んだだけで暑さがすっと引いてくやろ」
そのお茶の香りと美味しさに感動し、ご主人の男気に感動し、
またお気に入りのお店を見つけられたと浮かれ気分でホテルへ帰りました。

sg120827_07.jpg

「夏まつり 一期一会の 京の夜」
by. 祇園のスナックのママさん


夏の京都の散策は、暑さが引いた夜がお勧め。
皆様もぜひ。

<ayako*>





Rent / Sale

Magazine

Portfolio