Magazine


順調に進んでいます【設備・下地編】

tanizaki


こんにちは。
bluestudioのtanizakiです。

先日、工事がスタートしましたお宅が順調に工事進行中です。

前回の【解体編】はこちら


sg111031_02.jpg

工事は序盤、設備や下地工事中です。

下地工事は床や壁等を造る際に必要になってくる工事で、簡易的な表層リフォームの場合には、この工程期間が短くなります。下地を利用する場合もそうですね。この後には、木組みの上から石膏ボードを貼り、塗装やクロス等の仕上げの工事を行っていきます。

今回は約40平米の空間をほぼワンルームで使用するため、こういった下地工事があまりなく、全体工程も若干短くなっていますが、通常であれば工期は約1.5ヶ月ぐらいかかることが多いです。
天井に関しては、現状のコンクリートの天井のままにする計画になっています。一般的なマンションの場合には、天井が二重天井のように下がっているケースが多いので、その場合には、既存の天井を解体すると天井の高さが比較的高くなります。


また、スケルトンからの改修の場合には、電気の配線や設備の配管工事等も行っていきます。
右の写真のグレーの線はすべて電気配線です。この後にボードを貼って隠蔽していきます。
設備の配管も新規で行っていきますが、今回のお宅の排水方式はスラブ下配管方式でしたので、サニタリーの上部天井の配管は既存のままとなっています。こういった配管は共有部扱いとしているマンションが多く、その場合には工事を行うことは通常できません。


これから、塗装や仕上げの工程となっていくので、目に見えて変わっていき、完成までが楽しみです。


<tanizaki>





Rent / Sale

Magazine

Portfolio