Magazine


ネイチャー・センス展

ノリ


こんにちは、blue studioのノリです。

先日、森美術館で開催中の「ネイチャー・センス展」に行ってきました。


ネイチャー・センスと題されたこの展示会は、
吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の3人のデザイナー/アーティストによる
インスタレーション。

sg100916_02.jpg

「ネイチャー・センス」=「自然を知覚する潜在的な力」
バックグラウンドの異なる3人が、そこにある自然から、
軽やかな自然現象まで、それぞれの自然観を表現しています。

トップの写真が吉岡氏の雪。

sg100916_03.jpg

篠田氏の星座。

sg100916_04.jpg

栗林氏が境界。

すべての作品が大きなスケールなので、
自由に歩き回りながら体験できる展示となっています。
ちなみに条件付きでの写真撮影もOKです。

大スケールの自然に関するインスタレーションといっても、
決して自然そのものの素材を用いてるわけではなく、
あくまで自然のメタファーなのですが、
それが本物以上に特定の本質をついている気がして不思議です。
既に知っている自然でも、全く違う見方を示してくれています。

個人的には、栗林氏の境界のあり方を表現した作品が
ミクロとマクロの境界が体験できて興味深かったです。

sg100916_05.jpg

今回の作品は、日本に特化した自然とされているようですが、
場所・時間を問わない不普遍的なもののようにも感じます。
昨今の、エコロジーなどといった半強制的な環境教育とは違い、
身近にある自然を違う角度から考えさせてくれるとても良い一日でした。

<ノリ>






Rent / Sale

Magazine

Portfolio