Magazine


新規開店

shintaro


こんにちは。

この度、私が設計を担当していた店舗が無事完成しましたので、
開店より一足早くご紹介したいと思います。


sg100325_02.jpg

現場は渋谷の東京電力館の近く。
某カラオケ屋さんとコンビニの間に
ある建物の一階です。

sg100325_03.jpg

もともとあった文房具屋さんが
小売りから撤退するのをきっかけに、
募集があったそうです。

こちらは解体後の様子。
建物の竣工時からずっとあった
お店がなくなり、少し寂しい雰囲気に。
新たな顔を作るべく、
設計が始ります。

sg100325_04.jpg

ポイントは接道部の間口の狭さと
奥行きの長さ、そしてもともとある
中二階をどのように見せていくか
ということです。


sg100325_05.jpg

お話を頂いてから、開店までの
時間はわずか。
タイトな時間の中、設計が終わり、
いよいよ着工です。

sg100325_06.jpg

解体後の現場にLGSという
軽量鉄骨を組み、壁や天井
の下組をしていきます。


sg100325_07.jpg

下地が終わるとすぐに壁に
ボードが貼られいき、全体のヴォリューム
感が掴めるようになってきました。


sg100325_08.jpg

什器類は工場で製作するため、
最後の最後まで見えてきません。
その間にも各所の塗装や床の仕上や
配線・配管など、複数の工程が
同時に進行していきます。


sg100325_09.jpg

最後の数日は現場はばたばたです。
納期を遅らせまいと、色々な職人さん
達でごった返す中、家具も納品され
現場が窮屈に感じられます。

sg100325_10.jpg

最終日の数日前からは徹夜の
作業になりました。
私も立会って雑用を手伝ったり。
やはり土地柄、終電後もカラオケで
盛上がる方々が楽しそうに
はしゃいでます。
ふらふらになっても作業を進める
職人さんと話をしながらそんな光景を
眺めていると、少し気が落ちます。

sg100325_11.jpg


しかし、なんだかんだで完成です。
皆さんの苦労を知っているからこそ、
感動も一入です。感謝!!

若干是正があるものの、何とか
一区切りです。


プランニングのコンセプトは
狭い間口をネガティブに見せず、
水平に跳ね出した右側の棚と
左側の黒い壁のラインで奥への
パースを強調させています。

視線が奥に吸い込まれていくかの
ような印象です。


sg100325_12.jpg

中二階からみるとこんな感じ。
跳ね出した棚はランダムに
配置していており、商品を陳列
した際にリズムを生み出します。

sg100325_13.jpg

黒いディスプレイブースの壁は
先ほど下地で出てきたLGSを
塗装して化粧積みしています。
金属を使うことで、木にはない
硬質感をだしつつも真っ黒よりも
少し落とした着色にすることで、
ハードになりすぎずに仕上が
っています。


sg100325_14.jpg

奥の中二階はよくB-BOYの方が
被っているnew eraというブランド
のコーナー。
階段の上はメインフロアとはあえて
違う雰囲気にしています。

入口から見ると一番奥にこの屋根裏
部屋が浮かんでいる様な印象です。

3週間という、短い期間でしっかりと
出来上がりました。

現在は、ショップスタッフの方が
陳列作業にトレーニングなど、
毎日大忙しな様子でした。

オープンを間近に控え、私にとっても緊張の期間でもあります。
皆様も渋谷にお越しの際は是非、足をお運び下さい。 →ONSPOTZ 渋谷本店

(shintaro)





Rent / Sale

Magazine

Portfolio