Magazine


a once in a lifetime chance

ユキ


それは2002年のある春の日のこと。
わたしがずっと大切にしている1日がそこにある。

あの日から7年。
2009年のカレンダーは残りあと3ページ。
そして、最後の1ページをめくるとともに
その場所に、終わりがくる。
そのことに、切なさは募るばかり。

でもこればかりはどうしようもできないことだから、
せめてblogに書き記させてください。

そうひっそり願って、今日は記します。
H&Mができるもっと前から
FOREVER21ができるもっともっと前から
あの交差点に圧倒的な存在感で建っていたGAP原宿店

そのGAP原宿店が
来月オープンするGapフラッグシップ原宿店と入替えで
来年1月にお店のドアを閉じる

未だに信じ難いウソみたいなホントの事
それを知って、改めて思い出してみた、あの日の出来事を。

sg091019_02.jpg

7年前の春
たまたま買い物に行ったあの場所で
自分の人生にとって、最大で、最強の瞬間が訪れた。

sg091019_03.jpg

わたしはその日、知人の誕生日プレゼントを買いに行った。
直前に近くの古着屋さんで買った一枚のパーカーを持参して/笑

『これをメインに全身そろえたいんです』と。

接客してくれたその人は
持ち込んだパーカーを見て
なんのためらいもなくただ一言、

『喜んでお手伝いいたします』と、笑顔でかえしてくれた。

それはホントだった。

ホントに真剣に探してくれた。
わたしと同じぐらい一緒に悩んでくれた。
そして絶対的なアドバイスをしてくれた。

靴下、下着、パンツ、インナー。。。と全て1つ1つ丁寧に。

それはわたしが受けた最初で最後の
このうえない接客だった。

その人から受けた接客以上の接客を
わたしはまだ受けた事がない。

&この先もそれを越える接客には出会えないと断言できる。

そしてその1ヶ月後
わたしがGAPのバッジをつけることとなったキッカケの全ては
その人にある。

そんな大切な1日がつまったGAP原宿店が
もうすぐ、旗を下ろす。

sg091019_04.jpg

あの場所は、GAPがあるから、よりいっそうの価値をもつ。
でも、えらい人たちがそのことに気づくのは
有るものが無くなってから、なんだろう。

いつだって『当たり前』のことは
当たり前じゃなくなってから
みんなはその大切さに気づき、ざわめき、そして惜しむんだ。


今年の冬
あの交差点はいっそう肌寒くなりそう。
ん〜。。。切ない。

思い出詰まった場所が無くなることは、やっぱり悲しいよ。

っていってる自分の2009年も、残り3ページ。
他ばかりに気を取られていないで、ちゃんと冬支度しなきゃ。
毛布、マフラー、土鍋は必須だ。

にしても、
思い出し始めたらきりがない。
余談になるけど、まだ鮮明に覚えてる。

あの日、下着のサイズで悩みに悩んだわたし。
そんなわたしに揺るぎ無い接客をしたあの人。

『絶対にXSです』

と言い切ったあの人と、

『いや、やっぱりSだと思います』

と疑ってやまなかった自分。

でも、何度わたしが疑っても、彼は一切揺るが無かった。
結果、XSで大正解だった。

以降、わたしはGAPのボクサーパンツのサイズを
絶対的自信でお客様に紹介してきた。
(幾度男性のお客様と『お互い譲らない戦い』を繰広げたことか。。。/笑)

しぶしぶ買っていったお客様が後日来て、
「サイズピッタリだった!ありがとう」と言ってくれることが
なによりの幸せだった。

sg091019_05.jpg

any way、
そんなわたしの揺るぎ無い接客は、他の誰でもない、あなた譲りです。
肌寒い冬が来る前に、沢山の感謝の思いを込めて。

and みなさん、
最後のGAP原宿店に足を運んでみて頂けたら嬉しい限りです。
その際は温かい格好で。冬はぐっと冷えますから。。。

(ユキ)   





Rent / Sale

Magazine

Portfolio