Magazine


キッチンありき


こんにちは。

台所の広い家に越して早3ヶ月。予想以上に料理と食べる事を楽しんでいます。学生の頃はそれなりに作って食べていたのですが、働き始めてからはほとんど外食か作りものでした。

原因は時間と余裕がないことと思っていたのですが勘違い。キッチンにあったようです


sg090617_02.jpg

昨夜は、翌日のプレゼンの準備を終え帰宅。仕事柄遅い時間の夕食になることが多く、短時間で出来上がる料理がほとんど。今話題の村上春樹さんの作品、登場人物に影響されてか、学生の頃からパスタはしょっちゅう作ってました。
〈右上〉写真のアスパラの頭と包丁の間にあるのは梅肉です。パスタのゆで汁に溶かして、スープパスタ。あっさりするので、夜遅くでも食べ易い。トマトは隣りで映画を観ていた同居人の差し入れ。


sg090617_03.jpg


沖縄から友人が遊びに来て朝まで飲んでいた日の朝食。

茄子のベーコン挟み焼きと、新じゃがオムレツ。どちらも実家でしょっちゅう食べていた簡単料理。


sg090617_04.jpg


ふたたびパスタ。

担当させて頂いているプロジェクトのオーナー様より頂いた長野県産アスパラと、あさりにて。
 この家に住んで、初めて実生活でIHを使っています。しょーじきどうなんだ?と思っていたのですが、全然問題ないし、とにかく掃除しやすい。便利。


sg090617_05.jpg


家が会社から近いので、打合せなどが午後にない日には、一時帰宅して昼食を取ったりします。

ちょうど引っ越した頃、竣工仕立てのプロジェクトで催したワークショップでおにぎりユニット「comete」さんたちとご一緒させて頂きました。
 それからおにぎりをしょっちゅう握っています。写真の焼きおにぎりは、地元の仙台味噌と酒、味醂にて。


sg090617_06.jpg

〈ワークショップ当日のようす〉


同じワークショップに参加頂いたbsスタッフの奥様に、京都老舗のだしを頂きました。早速だし汁を摂り、鍋や味噌汁に。締めは近所で評判の製麺屋の麺。だしは僕(といっても頂き物ですが)、野菜・肉・麺はそれぞれ別の同居人より。アイコンタクトばりのナベコンタクト。

sg090617_07.jpg


キッチンからは庭が見えます。

2台ある自転車のうち、クロは同居人みんなも使えるよう共用に。近ごろは雨の日が多く、乗れてませんが。

しょっちゅう庭で食べたり飲んだりしています。それと毎食後、ここで一服。

sg090617_08.jpg

キッチンが変わって、食生活も一変。

こんなにも空間によって、料理をするしない。調理と食べる事が楽しいか否か。左右されるとは思ってもいませんでした。

場所に生活をひっぱってもらっていることを実感するこの頃です


(笹)





Rent / Sale

Magazine

Portfolio