Magazine


横浜スタジアム

ツヨシ


ほぼ快晴の続いたGW、我がベイスターズの聖地~横浜スタジアムに野球観戦へ。最下位争いではあるものの、快晴の中でのデーゲームは最高。


清志郎のCDをウォークマンで聞きながら電車に揺られおよそ50分、もはや僕にとってツチノコ的存在であるベイスターズファン~友人Nクンと横浜は関内で集合。お約束の「スーパーカートリオ」ネタ、遠藤、新浦、斎藤明雄と大洋ホエールズの屋台骨ネタから、村田兆冶の現役待望論、また最近のチーム状況から球界問題まで及ぶ濃厚な野球談議。当日は浜スタ特有の浜風も心地よく、そんな快晴ぶりがチーム順位を忘れさせる。まあ、真夏の炎天下になれば、エアコンばっちり効いたドーム球場がイイと言い出すやもしれないけれど、この季節は屋外の球場だ、特にデーゲームは超オススメ。


sg090512_02.jpg
sg090512_03.jpg

さて、ここ横浜スタジアムは、現地に行くと、割と老舗的な存在となってきたことに容易に気付く。横浜は割とメンテナンス(プチリノベかな?)をしているほうであり、適宜リニューアルされているものの、ハイスペックな東京ドームや開閉式屋根を擁する福岡ドームはもとより、広島球場も今春から新しくなり、もはや横浜の球場規模はかなり小さい部類。ちなみに福岡ドームの屋根は開閉だけで100万円也。近隣問題もあり近年ほとんど開閉せず。。ただ、少し開いた瞬間は「パンテオン」みたいで超カッコイイ!

sg090512_04.jpg

さて、特に今年はWBCの影響か、浜スタもお客さんは多く、そもそも少ないと言われている売店、トイレはかなり混雑。特にチケット売場が少なく人気カード、大型連休などでは「大行列必至」。雑踏の中、チケットを求めるワケだけど、売場でのオバさまの声が聞こえにくい。。今や珍しくもないチケット売場でのスピーカー設備(映画チケット売場でおなじみ)くらい付けてほしい。極めつけはバックネット裏「SS指定席」が関東近郊では一番高い。人気球団を擁する東京ドーム、そして甲子園球場よりも高い。これは球場売上を横浜市と球団で配分する仕組み、少ない収容人員の事業収支が問題だろうね。まあ、球場に限らず、世にある商業施設での価格設定って、大型になればなるほど単純にはいかないと聞く。抱えるコンテンツ内容、施設運営経費、タイアップしている自治体、各企業の思惑など複雑に絡む。ま、やっぱり人気がない球団のSS指定券が一番高い入場料という事実は頭で理解しても心では解せない。でも、、ファンなのでまた必ず行くぞ。(試合は延長12回の末に横浜負け。。)。
=GWの出来事=
・伊豆の親戚宅へ行く。子供の頃よく泳いで遊んだ「三島の湧き水」がさらに減り「憂う」。
・すわ「いとうせいこう」的にベランダ植栽をパワーアップ。今年は野菜が仲間入り。
・電気炊飯器が故障~ガス炊きステンレス製「羽釜」を購入。艶やかな旨みあるご飯がウマい。
・大型住宅展示場を久々に巡る。各メーカーがオール「エコ」なコンセプト。いまや国策なエコ。住宅は自動車と並ぶ一大経済産業と改めて実感。でも違う切り口はないのかな?躯体売りとか、、と未だに思う。
◆ツヨシ





Rent / Sale

Magazine

Portfolio