Magazine


あらためて東京

イシバシ

新たなものを作り出すというよりもベーシックだがこだわりのある物を作りたいという性格。趣味は革小物や簡単な家具など「こんなのあったらいいな」という物は自分で作る。


イシバシです。
青森県八戸生まれ北国育ちの僕には、
東京や埼玉、千葉に父方と母方の叔父や叔母が居ます。
小さい頃、両親に連れられ夏休みや正月にはたまに東京へ遊びに来ていました。

僕が生まれてはじめてお小遣いでCDを買ったのが1993年。10歳のとき。
新宿・渋谷・銀座...
オダキュウ・ミツコシ・イセタン...
どこだかは忘れましたが、東京でのことでした。
「ドーハの悲劇」の年のサッカー日本代表の応援歌
「WE ARE THE CHAMP」と
3、4曲目がカラオケになっている時代のSMAPの
「10$」(テンダラーズ)というCD。
共に8cmシングルでした。
CDを持つことが好きなルーツは
その時から変わっていないかもしれません。

そんな東京で働き始めて10年。
これまで個人邸の担当として設計しておりましたが
初めての担当のオフィスの仕事。
担当していたプロジェクトが竣工を迎えました。

sg160725_02.jpg
sg160725_03.jpg
sg160725_04.jpg
sg160725_05.jpg
sg160725_06.jpg
sg160725_11.jpg
sg160725_07.jpg
sg160725_08.jpg
sg160725_09.jpg

今回のクライアントは RANA007さん。
http://www.rana007.com/#skip
RANA007さんにはブルースタジオのこのWebページを
作っていただきました。
sg160725_12.jpg
sg160725_13.jpg
これまでのスタイリッシュな雰囲気とはまた異なる、
木を取り入れた温かみのある雰囲気のオフィスに。
剥き出しの天井、足場板のラフさ、素地のスチールなど、
荒削りの素材感をベースに組み立てて計画。

sg160725_10.jpg

お引越しを終えたオフィスに撮影に伺うのが楽しみです。

イシバシ





Rent / Sale

Magazine

Portfolio