Magazine


失物 出がたし 人に渡る

イシバシ

新たなものを作り出すというよりもベーシックだがこだわりのある物を作りたいという性格。趣味は革小物や簡単な家具など「こんなのあったらいいな」という物は自分で作る。


皆さんは「時間が戻ってほしい」と考えた事はありますか?
それは2秒前でも、5分前でも、10年前でも。

iphoneを落下させてしまい、画面がヒビだらけになったとき。
宛先を間違いメールを送った瞬間。
大学でもっと勉強してればよかったなー なんて思うとき。

でもそこまで戻ったら、
またあの時みたいに徹夜続きか...
あの時の辛い事をまた繰り返さなきゃいけない...
でもまたあのライブに行けるんだよな...
など、いつも想像したりしています。

僕はつい先日まで、
出来る事ならば今年の一月?
いつかは、詳しく覚えておりませんが、
何となく、成人の日までは戻らないくらい、
一月の後半くらいに戻りたいと考えていました。

今年の元旦に近所の神社に初詣に行き、
おみくじを引いた時の事。今年の運勢は「大吉」。

「今年一年あなたは無敵です」なんて大吉があったらいいのに、
そうも行かず、中でも特に気になる一文が。

「失物、出がたし 人に渡る」

そんな元旦の事を忘れかけた一月の後半くらい
まさに「戻りたいな」と思っていた時期。
僕はさっそく失せ物をしたのです。

sg160318_03.jpg

4年間大切に使い続けていた革のペンケース。
一月のいつか、失くしてしまいました...
写真は4年前の使い始めのとき。
今思い返しても、良い色に焼けていたなと思い出します。
失くすと分かっていれば、写真に撮っておけば良かっと後悔しています。

大変な時も、煮詰まった時も、
旅行に行く時も、試験の時も、
常に一緒にいたペンケース...
手に馴染んだ柔らかさも、しっとりとした触感も、
共に時を経て、育てて来たペンケース...
中には「仕事道具だから」と
少々奮発して買ったシャープペンシル、
レトロさが気に入って買ったカッター、
三角スケールなど、お気に入りの道具たちが。
一つひとつを思い出すと、失くした事が悲しくなって来ます。

無くしたであろう場所には連絡をし、
行動を振り返り思い出してみるも、一向に見つかりません。
その時に思い出した一文。

「失物、出がたし 人に渡る」

もういいやと諦め出し、
どこかで拾ってくれた人が大切に使ってくれてるのだろうと
失くしたペンケースを探すのをやめ、
新たなペンケースを探し出しました。

まずは、1983年、僕が生まれた年に発表された、
吉田カバンの「タンカー」シリーズ
sg160318_04.jpg

帆布素材のアトリエペネロープ
昔カバンを使用していました。
表面のパラフィンコーティングが擦れて柔らかくなっていきます。
sg160318_05.jpg

「TRUSCO」の工具入れ
小学校の時を思い出してカンペン感覚で。
sg160318_06.jpg

どれも悩むなーと、希望を整理しました。

・持ち歩く物が多いから、ある程度大容量がいい
・やっぱり、革がいい
・ファスナーなどパーツにストーリーがある

実際に決めたのがこちら。

sg160318_07.jpg
sg160318_08.jpg
sg160318_09.jpg
sg160318_10.jpg
sg160318_11.jpg
sg160318_12.jpg
sg160318_13.jpg
sg160318_15.jpg
sg160318_16.jpg

結局作る事に。
型紙で検証し、今回は初めてファスナーを付ける所まで挑戦しました。
ファスナーはYKKの「OLD AMERICAN」というシリーズ。

sg160318_17.png
sg160318_18.png
sg160318_19.png

アメリカのヴィンテージジッパーを復刻したもので、
スライダーと呼ばれる引き手や、
上止めと下止めなど細かく特注できます。
詳細はこちら
ちなみに僕は蔵前までこれを買いに行きました。

ある程度長さやスライダーなど、在庫の中から選ぶもよし。
色々組み合わせて、特注するもよし。

作りたいものは自分で作る。
まだまだ僕のは単なる趣味と自己満足ですが、やってみると楽しいもんですよ。
作っている最中、なんだか
SHERBETS の「わらのバッグ」という曲が頭から離れませんでした。

思い返すと子供のころは作るものがプラモデルで、
作ってる時が一番幸せで、完成するとなんだか寂しさが残ってしまう感覚。
大人になった今は、作ってからこそ楽しみがあるものを作る趣味を見つけて。

今回も、理想の形を探し、だけど無くって結局作ることにして。
楽しいだけでなく、無心になれたり、息抜きになったり。
作ることが生活の一部だと改めて感じました。
入れるものから大きさが決まり、
四角いかたちは取り出しやすい様に。
スライダーにリボンを付けて開けやすく。
気分を変える時は糸の色を変え縫い直してみたり。
家作りも似ていて、そうでありたいと思います。

今年は失くさないようにします。絶対見つからないから。

ものづくりも家作りも、自分でやってみる事は楽しいと言う事で、
前回11月に行われた「大正DIYマーケット」の
第2回が 4月16日、17日の二日間で開催されます。
今回もブルースタジオは、ブルースタジオキャラバンと共に出店します。
お近くの皆様も首都圏の方も、是非お越し下さい。

イシバシ





Rent / Sale

Magazine

Portfolio