Company


OUR MISSION ブルースタジオの使命

「物件から物語へ」

私たちの生活環境を形づくる、「物件」という存在。
それを取り巻くのは、貸したり売ったりする人、売り買いを媒介する人、
担保としてお金を融通する人、あるいは自らの作品としてデザインする人、
実際に建てる人…そして、「使う」人。
「物件」は単にモノである以上にさまざまな人の関係性や思いが
混じり合って出来上がった多面的な存在です。
私たちのミッションは、この「物件」を構成する複雑な要素を解きほぐし、
建築デザインを起点とするクリエイティブ・ディレクションを通して、
驚きや美しさ、実用性と持続性を兼ね備えた
ひとつの「物語」へと編み上げることです。

ABOUT US ブルースタジオの特徴

Who we are 大切にしていること

私たちはクリエイティブの力を信じ、その力によってビジネスにおいても最大の価値を生み出すことに真正面から挑んでいます。美しいものは使いやすく、面白いことはお金を生み出し、正しいものは長生きする。そんな「あたりまえ」の実現のために、ときには欲望に忠実に、ときには粘り強く。世界が少しでも良くなることを夢みながら、それを夢にとどめず、社会の中で現実のカタチにしてゆくことを理念としています。

What we do 私たちにできること

私たちは建築デザインを起点として、まちづくり、不動産流通、ブランディング、イベント企画など多様な手段を組み合わせ、物件を構成する3つの要素—「モノ・コト・時間」を編集します。たとえば賃貸住宅なら設計からブランディング・修繕計画・リーシングまで。また個人住宅の設計では資金計画・不動産探しからやがて手放す時のお手伝いまで。総合的なクリエイティブ・ディレクションでひとつひとつの機会の価値を最大限に高めます。

How we do it 私たちのチーム

私たちは建築、都市計画、クリエイティブ制作、不動産、PRなど様々なプロフェッショナルの集合体です。また、幅広い外部アライアンスと柔軟なチーム設計で、前例の無いような新規・新興プロジェクトも成功へと導きます。
旗艦事業であるリノベーションの豊富な実績は、こうした「未だかつて無いもの」への挑戦を積み重ねてきたものです。現在はその手法を活用し、新築やまちづくり、商品開発などへと領域を拡大しています。

PARTNERS 役員紹介

岩田啓治(いわた けいじ) 大島芳彦(おおしま よしひこ) 大地山博(おおちやま ひろし) 石井健(いしい たけし)

岩田啓治(いわた けいじ)

執行役員
アカウントマネージャ/管理建築士

1971年大阪府生まれ。京都大学工学部大学院建築学科 修士課程修了。1997年より 株式会社石本建築事務所に入社。数々の公共建築や大規模商業施設等の計画を担当。2003年ブルースタジオ参画。事業用案件の営業統括窓口を担当。JIA日本建築家協会会員。一級建築士。

大島芳彦(おおしま よしひこ)

専務取締役
クリエイティブディレクター

1970年東京都生まれ。2代目大家。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後アメリカ、ヨーロッパに学び大手組織建築事務所を経て、2000年ブルースタジオ参画。発起メンバーでもあるリノベーションスクールでは全国の地域再生プロジェクトに関わり、2015年「日本建築学会教育賞」を受賞。2017年にはNHK「プロフェッショナル」に登場。一社)リノベーション協議会理事副会長。大阪工業大学客員教授。

セミナー・講演会情報

大地山博(おおちやま ひろし)

代表取締役社長

1969年鹿児島県生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。1995年より株式会社INTEC CG。1997年ブルースタジオ創業。1998年株式会社ブルースタジオ法人設立・代表取締役社長。また、2018年より地元鹿屋市の廃校を活用した宿泊施設「ユクサおおすみ海の学校」立上げ・運営に携わる。

石井健(いしい たけし)

執行役員
クリエイティブディレクター

1969年福岡県生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。1993年より株式会社TIS & Partners。個人住宅~海外発電事業まで幅広い分野のデザイン及びエンジニアリング業務に携わる。2001年ブルースタジオ参加。不動産商品開発と建築設計を中心業務としつつ、関連するマーケティング調査、ビジネスモデル開発、ITプラットフォームの設計などにも従事。著書『Life in TOKYO』は日本・中国・韓国・台湾の4ヶ国語で発行。

セミナー・講演会情報



Rent / Sale

Magazine

Portfolio